ローカルバスおぺれいしょん

乗合バスの知見があんまりオープンになってないように感じたので晒していきます。知見をシェアできたら幸いです。

バスロケーションシステムが出来きる前

正式なリリースまであと2週間。

それにしてもなにも来ないなー。

テストページっていうのか、β版っていうのか、そういうやつ。

向こうはきっと私より何倍もの賃金もらっているなんとかエンジニアさんたちで、ジャバとかを自在に操って悠々と作っているのだろう。

 

いいなー。私もそんなGoogleみたいな仕事してみたい。

 

私だってPythonをちょっとはやったけど。あんまり使えそうな前途が見えなかったので途中で止めてしまったけれど。

 

向こうのディレクターさんから何もいただけてないけれど、電話越しの断片的な情報を聞くと、やや変な部分もある。先方が資料を誤読してシステムを作っている可能性もあるけれど、それより疑うべきはこちらの提供した資料(エクセル)が完全ではない方だろう。

 

そのあたりのすり合わせをまだ全くできていない。完璧でないことは明らかなので早く見てみたいが、

 

 

確認しておきます。

 

 

ってお言葉をちょうだいしたまま。来週にはなんらかの格好となるシステムを拝見できるらしいが。それが破茶滅茶な内容の可能性もあるわけで。とにかく早く見なければいけない。

 

エンジニアさん達がAppleとかにいる超絶エンジニアさんであっても、やっぱ実際の運行知識はこちらの方が上だろう。だからこちら側が見ないといけない。チェックしないといけない。先方さんは

 

ほぼほぼ完成

 

 

っておっしゃるが。私は完成してないって思っている。それくらい路線バスの作りってややっこしく、ローカルルールだらけなのだ。お客様も社内のスタッフも運転手ですら隅々まで理解できているわけでないのに、ぽっと出のIT企業が分かるわけないと私は思っている。隅々まで理解できているのは、この地域の路線バスでは私くらいかな、残念ながら。

 

そういう誰それにしか分からないっていうの脱出して、ローカルルールの山の一部を平らにする道具がバスロケーションシステムだけれど、中身はやっぱ路線バスの運行形態に違いない。分かりにくいものでできてる。複雑系?落合陽一?まぁいいや。

 

また明日なんかミーティングだ。

週明けにはパンドラの箱。また連日夜中まで残業か。