ローカルバスおぺれいしょん

乗合バスの知見があんまりオープンになってないように感じたので晒していきます。知見をシェアできたら幸いです。

バスマスク

先ほど2台のバスに着けてきて自分の中でホットなので、今回はバスマスク。

 

バスマスクと聞いて、あぁあれね、って分かる人はかなりのバス通だろう。私はあんまりこの呼び名がしっくりこないで、いまだに

 

前幕

 

と呼んでいる。バスの前幕、と聞けば、あぁあれね、って分かる人は多いだろう。そうこんなやつだ。

hope-itoigawa.jp

平成28年12月22日に大火事のあった糸魚川市応援キャンペーンの前幕。とは言うもののすいません、糸魚川市の火事の話は完全に忘れてました。というのも、今年平成30年(2018年)に入って自然災害続きです。数年後にこの記事を読む読者はなんのことか分かりませんね。

 

昨日は、北海道で大地震。現在システム構築中のシステム会社のサーバーダウン。

その前は、台風21号で関西方面被害甚大。京阪神方面の観光バスが全部キャンセル。

その前は、連日記録的猛暑日。年式の古い車両のエアコン壊れまくり。

その前は、西日本豪雨。運行路線で土砂崩れ。

その前は、大阪で地震京阪神方面の観光バスが全部キャンセル。

その前は、記録的強風。バス停倒れまくり。

その前は、記録的降雪。バスがスリップして運行不能状態へ。

 

という災害に弱いことがバレバレなので、対岸の火事に近い糸魚川市のニュースはすっかり記憶が風化していました。すいません。

 

なんの話だっけ、バスマスクだ。

 

この記事を書くにあたって、初めてバスマスクをググってみたのだが、なんだあんまり評判良くないらしい。エンブレムが見えなくなるらしい。撮りバスには悲しいらしい。私はどうでもいいが。

trafficnews.jp

 エンブレムうんぬんよりは、四方のロープが見苦しいの分かります。着けた私自身がそう思うから。でも垂らしておきたいのは、次ほどくときに困るから。

f:id:yanosworkout:20180907225810j:plain

バスマスクがパタパタとなびいてうるさい、というのはうちの運転士にも言われたことがある。しかしこれはもう勘弁してくれよって感じ。

 

それでどこにもあまり指摘がないことを私が指摘するとすれば、紐をかけて結ぶ箇所に困る、だ。車両の標準仕様でバスマスクを結ぶフックが着いていればいいが、

f:id:yanosworkout:20180907225905j:plain

着いていないと、上の2本のロープはワイパーの付け根カバーに巻くことになる。それと下側は車体下部の鉄骨に巻くことになる。

 

f:id:yanosworkout:20180907225935j:plain

実はさっき取り付けた2台のうち1台がこの手のやつだった。ワイパーの付け根カバーは、ぐるぐる回るワイパーと緩衝するかしないかっていう位置にロープが巻かれているので、かなり不安がある。車体下部は地面に寝っころばないと結べないので、下にダンボールを敷いて仰向けになって結んだ。

 

すごいアナログ。ロープの結び方も人によりけりだし、そもそもロープを結んだことないって若者もいる。そこで最近登場しているらしいのが、マグネット型だ。と書いてみたものの、マグネット型のバスマスクって乗り物ニュースの記事を読んで初めて存在を知った。やっぱ都会は進んでるなー。でもバスのフロントって湾曲してるし、エンブレムあるし、貼れないじゃねーかって思うけれど、そういうのが問題ない標準仕様なのだろう。

 

まぁでもたとえば日野のエンブレムなんて両面テープで着いてるだけやし、ベリッと剥がして、そこにマグネットをつければいいかな。かなり強力なやつ。今度やってみたい。それと、100枚くらい在庫で溜まりまくったロープ付きの前幕をあらかた処分したい。