ローカルバスおぺれいしょん

乗合バスの知見があんまりオープンになってないように感じたので晒していきます。知見をシェアできたら幸いです。

渋滞で遅れることについて

渋滞で遅れることは乗合バスの永遠の課題のようであって、そうでない。そうでないってことはないだろって利用者や他社からお叱りを受けそうだが、うちの考え方としては、

 

バスが遅れるのは当たり前

 

っていうのが起点にあるため。

別に遅れたくて遅れているわけではないし、遅れることを想定して数分余裕のあるダイヤを作っているし、でも早発する可能性だってあるし、余裕があり過ぎるダイヤにすると場合によってはトロトロ運転になってしまって交通に障害が出るし、車椅子の利用者もいるし、身体の弱い高齢者だって乗り降りするし、全員が健常者であっても一つ一つのバス停に各駅停車していたら遅れてくるし、バスが遅れるのは乗用車が多すぎるせいであって、バスのせいではない、運転手は遅れてもしょうがないとは思っておらず、乗客が歯がゆく待っている心情や、自らに刺さってくるトゲを和らげようと一生懸命運転しているし

 

ってまぁこんな感じだ。

 

しかしこの辺の実情はお構いなしとする程度は、利用者によりけり。地元利用者は案外ゆるいかな。それでもあんまり遅れると腹立たしいようだ。時々いつも利用しているけど、もうちょっとなんとかならんのかって電話を受ける。

 

市役所の担当者に一度聞いたことあるのは、

 

定刻から何分くらいでバスが来ないと不安か?

 

って聞くと

 

5分だ

 

って答えてた。

この感覚は実は自分も一緒だ。昨年12月に東京に一人旅行へ行っててて、青山から帰ろうと思ったが、歩き疲れてバスに乗ろうと思ったが、時刻表の時間になってもバスは来ない。確か自分より前に来て待っている女性がいたのだが、それでも不安になった。

 

それがだいたい定刻の5分後だった。

 

バスロケを確認するって発想がなくって、

 

あるぇー、この美人のお姉さんと一緒に運休したバスを待っている悲しいヲチかな

 

って思ってたら、バスがやってきた。夜の青山通りなので車の数はすごかった。バスが遅れるのは当たり前、とは思っていて、しかも遅れてすいません、って電話でお詫びをすることが多い当の自分が5分で不安になるとは、なんとも情けない。

 

そして、先日、遅れてすいませんのお詫びをさんざんやっていたときがあった。つい4日前かな。

 

それが30分遅れだった。

f:id:yanosworkout:20180914204320p:plain

 

30分遅れって、もうまるでダイヤ壊滅しているのだけれど、その人はちょうど一見さんで、その日のプランを立てていた人だった。その日は地元の総合病院が非常に渋滞していて、そこを通過する全便が遅延となった。しかもこれは毎週発生していて解決できていなかった。病院や市役所とは何度か協議したり、対策を考えたりはして、いくつかの提案をうちから出したりはしたが、結局はなしのつぶてだった。

 

そんな事情説明を電話主にはしたが、やはり納得のいかない様子で。

 

毎週あるならそうゆう案内を貼っておいてくれたら初めからバスを当てにしなかった、とか。電話に出た人は何分遅れって言うだけで、今バスがどこを走っているとか案内してくれなかった、してくれたらだいたいの時間の計算ができて、プランの見直しができたのに、とか。本当にこの時刻表は当てになるのか、信頼していいのか、明日こそ必ずプラン通り乗るが大丈夫なのか、

 

とか言っていた。結局さんざん謝るだけで電話を切ることになった。そんな話を上長に説明。これからも毎週発生する渋滞ですし、その時間帯に運行する便はすべて遅延することは明白だった。来週も再来週も、ずっとだ。

 

すべてのバス停に遅れることを案内する文書を貼り出しますか?

そんなもんいらん。

 

で、終わった。

やはりバスが遅れるのは当たり前というのが起点だ。時刻表の下に「交通事情によっては遅れる場合があります。」というお決まりの端書はある。上長からすると、そう書いてあるんだからそれでいいじゃないか、ということだった。

 

しかし、10分でもかなりの遅延だが、30分という遅延というのは。。。と再考を促そうとも思ったが引っ込めた。そう決まったのだ。それでいこう。

 

これからも遅れてすいませんと対応するのみか。

 

 

あ、でもバスロケができれば解決するかも。ってこんな地方のバスでバスロケっていつできるんだろ。

期限切れ定期券

久しぶりに出ました、期限切れ定期券。悪意があった人もいれば、うっかりって人もいるのでしょうけれど、事情は無関係で、けしからんです。見つけてしまった以上は、不正行為なのですね。追徴金などを支払っていただくことになります。

 

そりゃもう信じられない金額になります。不正使用でセコイこと考えてた自分を恨みたくなるくらい、追徴金だけで3ヶ月定期券一枚買えるくらいの金額になります。だからやめましょう。何より私がメンドクサイです。

 

さて不正定期券と言えば電車です。電車とバスとでは事情が違うようです。まぁバスの中でも事情ちゃいますけれど。かつてうちで不正定期券があった場合、ルールみたいなものがなくってJRにどうやってるのか聞きに行ったことあります。

 

JRの場合は、不正定期券を駅員が見つけたら、そこで電車がストップ。不正した人がお縄になるのではなく、同乗している客ごと道連れ。凄い圧力。自分の不正で他の多数の乗客に迷惑をかけてしまったという自責の念と、他の乗客もこうなってはいけないという自戒、これが抑止力になるんだとか。

 

そしてお金を持ってようが持ってまいが、大人だろうが子どもだろうが、男性だろうが女性だろうが、そのまま駅員室へ連行。ちなみに女性の場合は、女性の駅員が連行するそうです。理由は簡単、男性駅員だと「体触られた」とか話を違うとこに持っていかれるからです。そして女性の言い分は必ず勝つ。なので始めから女性駅員が連行です。

 

駅員室に入ったら、反省文って優しげなタイトルではなかったですが、何か文面を書いてもらいます。その一方でお金をを払ってもらいます。その場で。その場で。その場でです。お金がない場合、家族の人に連絡を取ってお金を持ってきてもらって払ってもらう。その場で。帰ってお金持って来てね、なんて言わない。

 

逃げるし、知恵をつけられるから

 

ということだった。すごい圧力だ。電車止めて、駅員室へ連行して、その場で家の人呼んででも金払わせるのだ。電車の定期券はものすごい金額になるでしょう?と聞くと、やはり数十万円になるんだそう。ひえー

 

ひるがえってうちの場合、期限切れから発券日までの日数の正規運賃を徴収するだけです。正規の運賃ってのは通学割引とかが効いてない大人普通運賃ですね。往復分を日数で積算した金額です。

 

うちの場合がメンドクサイのは、不正定期券を発見しても、その場は現金で片道運賃を払ってもらって帰らせるためです。定期券は運転士が回収しているので、定期券を購入したときに連絡先を書いてもらうので、営業所に尋ねれば連絡先は分かるのです。が、しかし電話に出ないのですね。

 

今まさにそこです。

 

とは言ってもこれでお金が徴収できないわけではなくって手段はいくつもあるので、結局相手は捕まるのですけれど。この後、どうなるかはまた後日投稿したいと思います。

 

それにしても不正定期券はやめましょう。もう絶対後味悪いです。ご自宅が裕福かどうかはともかく、バスの定期券であってもJRとは桁が違いますが、それでも1万円くらいは取ります。裕福な家でもこの金額は痛いし、なによりかにより勿体ないです。通学定期券の場合、通学割引ってめちゃくちゃ割安設定にしてあるんですから、それを正規の運賃を払わせられたら元も子もありません。子どもの場合、定期券代として親御さんにもらったお金は正しく定期券に使いましょう。親御さんもちゃんと確認しといて欲しい。間違っても趣味とかなんとかに使ってしまわないように。

 

ジオコーディング

バスロケーションシステムを作っている会社とバス停位置について確認してました。私はすでに座標データを持っていて、というかGTFSのために作ったものだったのですが期せずして流用できたわけですが、それをそのまま提供したのですが、どうも変だ。

 

先方が自前で作ったらしい地図にプロッティングされて私へ送られてきたのですが、まるでデタラメなプロットでした。私の座標データは、グーグルマップ上で落としてみても正確な位置を示すデータです。先方もグーグルマップと同じ仕様だった言うのですが、正しいところは不明です。

 

バス停位置というのは昔はほっとんど管理されておらず、私が何年もかけて集約しました。ただしそれは住所録でした。住所というのは、これは異論があるのかもしれないですが、

 

かなりいい加減なのですね。

 

たとえばどこかの学校前のバス停の住所は、その学校の住所を取ります。道路占用申請を出す場合や、住所録としてはそれでいいのですが、バス停位置としては正しくないですね。学校の住所だと学校の中に立ってしまうし、学校自体が大きかったら北門と南門とで場所が随分違ったりします。

 

またデータサイエンスの時代にはすべてコードの方がいい使い勝手がいい。〜丁目ーー番地なんて面倒ですね。1−1−11みたいに数字とハイフンによる記載方法もあったり、1丁目なのか一丁目なのか、個性が出てしまいます。

 

そんな座標がまんまと合わないもんなので、へぇこんなことあるのかと感心します。まだ原因究明中。

稼働率至上主義

車両経費調査資料を作成していました。実はバス事業者の車両に関わるコストを俯瞰できるマネジメントに欠かせない資料です。しかし、これを作成し読み込んでいるのも私だけという現状です。こういうデータを仕事して読む以上に、興味や好奇心を持たないってのはマネージャーとしてどうかな、って思ったりもしますが、私が会社を変えれるわけないので放置してますけれど。

 

この調査資料の中に「稼働率」って項目があります。うちは乗合と貸切の車両台数がほぼイーブンなのですが、収入の柱は貸切です。ホテルの部屋数と同じで、働かせてナンボ、稼働させて運賃もらいます。稼働率が重要です。とは言っても車両ごとの稼働率を把握しているのは、この表を作成して読んでいる私だけなのですけれど。

 

口すっぱく車両を稼働させろとマネージャーは言いますが、ホテルの部屋と違うの運行するにもコストがかかるのです。車両を待機させるだけでは維持費というコストが、運行するにもコストがかかります。営業によっては、受けた仕事がそもそも極薄の利益、または赤字だったりして。それではコストはペイできませんね。

 

さて収益率いくらぐらいなのでしょうか。日本の名だたる企業でも5%いけばいい方とかっていいます。うちはいくらか。私は収入データは持ってないので不明です。ただマネージャーの言う稼働させまくれという半ば自転車操業的な発想に水を差すようで申し訳ないですが、

 

むちゃくちゃ稼働率悪いです。

 

 

これは空想と実際とのギャップだと思いますが、稼働しろしろという割に稼働率は上がってないです。乗務員不足の問題もあるし、冒頭で述べたように乗合もあるので運転士をどちらに振り分けるって話で、それは言うまでもなく乗合が優先なのですが、そうすると仕事があっても貸切バス運転士の数が足りてないから、車両はあっても断るという事態になります。

 

さらに最近では過労でないか、連続運転時間の規定を違反してないかを厳しくチェックします。先日のような台風や地震があったら仕事はあっという間に溶けて消えます。そんな水商売みたいな仕事です、観光バスっていうのは。

 

経理課長が言ったことで印象的なのは「貸切の仕事なんて、赤字なら始めからやらなければいい。動かない方がマシ。」ってことでした。そういう決め方が営業部の中でできないのが日本社会という感じかな。しかしこういう意見も混ぜて稼働率や利益率といった事業データをもっとつぶさに分析して、経営していけばもっと良くなるのになぁって思います。が、永遠にそうはならないです、ザ・日本式会社のうちでは。生産性なんてあったものじゃないとか、生産性の話はまた今度にしよかな。

労働組合ララバイ

バスの運転手のブログやYoutubeでは必ず語られるのが労働組合。過労や連続勤務になりやすかった過去から必然的に生まれた歴史がある。バスや鉄道では私鉄総連が全国そ組織として活動しており、過去には西鉄バス出身の参議院議員を誕生させたことがある。

 

では今は弱体化しているのかと言えば、そうだ。会社自体が減ってるので、組合員数も減っている。これも必然であるが、活動をしてないわけではない。最近目立った組合活動があったのが、両備だ。

ニュース:両備2労組 ストライキ予定から一転「無料で運行」岡山市の新規バス路線参入で | KSB瀬戸内海放送

大学の先生っぽく言えば、八晃運輸の参入は防ぎようがないし、ストや無賃運行なんてやっても意味がない、合理的じゃない。今回の両備バスや両備労組のやってることは外野から見れば、「何やってんの?お上が決めたんだからしょうがないよ」ってなる。

 

けど、組合活動なんてそんなに合理的である必要はないのです。反対のための反対だし、しょうがないよね〜っといなされやすい世論に対して、しょうがないとは思わねーよ、って組織があったっていいと思うのです。両備バスが国に「揺さぶり」をかけようとしたなんて悪どく言われてるようだけれど、それどんだけお上意識やねん。

 

今日が実はうちの労働組合の定期大会だったのだけれど、いつものように戦争反対、憲法を9条を守るし、打倒安倍政権でした。でもその中でたぶん昨年まではなかったと思うのですが、

 

国はカーシェアリングを認めようとしています、これはかつて問題となった白タク行為を容認するもので、あってはならないことです。

 

これは初耳。ぐぐってみると、確かにライドシェアと白タク問題と紐付けてる記事がヒットする。しかしライドシェアはもう何年も前からビジネスとしてあるので、結局あんまり違法性はないのかな。よく分からない。違法性ないってブログ記事も出てます。

sharing-economy-lab.jp

この記事は今月アップされたもので、かなり有用なんじゃないかと思います。

 

でも組合は反対すればいいのだ。

 

だって二種免許の意味なくなるし、事業用ナンバーで走る意味がなくなる、それはつまり自分らの雇用がなくなるってことなので、それは反対だって。そりゃそうだ。

president.jp

マーケットが何兆円ですごいとか、社会に変革を起こせるとか、だからウーバーを白タクって呼ぶ奴はアホだって?

 

ちゃうちゃう。

 

歴史的役割を終えた産業は静かに市場から撤退して、新しい産業に人材をシフトさせるべきって?

 

ちゃうちゃう。

 

プレジデント読者ならそうなんだろうけど、そうじゃないよ。

 

労働組合はどんな産業革命が起こったって、組合員の雇用が一番なんだから。

 

これでも労働組合って丸くなった方さ。これからもちょっとずつ丸くなるのかもしれない。うちに自動運転バスが導入される頃に、一気に引いていくかもしれない。でもまぁ先のことは分からん。しばらく健在。あと20年くらいは団結ガンバローできるわ。私は運転士ではなくて本社の職員なので、そのときはもう組合員ではないかも。あぁでもその頃は合理化一辺倒やらデータサイエンスやらが一巡して、反対のための反対が見直される時期になってたりして。

東京にいたのにバスには一度も乗らなかったとか

今日は公共交通イベントがあって、バスを持っていって参加した。あまりお客さんが来るイベントではなかったので、客引きしながら間間ではぼえーってしてたら、地元の市役所のバス担当者が遊びに来てて、ちょっと雑談した。

 

この人、とは言っても私より若い男子なのだけれど、10年くらい東京に住んでいたらしい。日頃より東京ビルディングメガロポリス東京、東京ララバイに憧れる私としては、キラキラボーイの登場である。

 

東京!羨ましい!

 

というのが私の元東京在住者への定番のセリフだ。それで必ずするのが東京のバスがいかに優れているかだ。グーグルマップには必ず載って乗り換えは便利だし、Apple Payが使えるのでスイスイ乗れる。ハイテク東京である。すごい!素晴らしすぎる!

 

ぼく、東京で10年住んでて電車しか使わなかったですね。

 

あるぃえっねぇぇぇーーー!

 

そりゃ住んでる場所にもよるか。東京って広いもんな。地方民の私はずっと前には東京って狭いとこだと思っていた。狭いとこに人が密集しているイメージ。ところが東京一人旅をしていて分かったが、東京は広い。広いとこに人がめちゃくちゃ住んでいる。そう思うようになった。

 

まぁでも東京ってやっぱええとこよ。首都よ。人生一度はあそこで住んで、仕事がしたいものよ。結果はどうあれね。クビになろうが、東京湾にぷかぷか浮いてしまったとしてもね。と、東京に観光しか行ったことないのに東京の素晴らしさを力説していた。聞いてる彼は、

 

スカイツリーができても一回も行ってない

 

と、こんな調子だ。まぁスカイツリーは俺もあんまりやな。はとバスのオーソラミオから見た東京タワーは凄かったよ。雨やったけど良かった。外国人も何人も乗ってたしね。

 

ヨサミテサムさん、あのマリオカートみたいに乗ったら!

 

あぁあれ見た!

 

とまぁこんな感じだ。東京の話はおもろいな。また東京行ってバス乗りたい。昨日あった晴海のバスまつり行きたかったなぁ。晴海ってとこも素晴らしいところやった。晴海のトリトンスクウェアに住んでみたい。

www.kotsu.metro.tokyo.jp

平日に土曜日は入るか。平日定期券は土曜日も使える。

とは言うものの、平日=仕事休み、学校休みっていう利用者からすると、実質日曜日と変わらない感覚なので、うちの平日定期券が土曜日も使えるって話をすると

 

あぁ、土曜も使えるんですね。

 

と反応が返ってくる。ほぼ100%。

 

(内心)「え?土曜日は平日って知らないの?土曜日は平日なのだよ(どや顔)。」

 

って今より私がまだ少し若かった頃はやったもんだが。ググってみるとQ&Aサイトの回答でも、「土曜日は平日ではない」って回答が結構ある。平日限定みたいに割引を打ち出す飲食店で、平日に土曜日を含んでないことは普通らしい。まぁ飲食店だと土曜日は日曜・祝日と客層が同じだから、分からんでもない。

 

一方で鉄道系は平日に土曜日を含んでいたり、それを勝手に含めるとトラブルになるせいか、平日・土曜日のような書き方していたりする。平日では紛らわしいし、日曜祝日でもないので、土曜日は別格、みたいな。私が最近作った「工事があるから、このバス停は使えません」という利用者向けの告示も

 

平日の月曜日~土曜日

 

という書き方をした。これがベターだろと思ったら、wikiが支援してくれていた。

 

wiki

平日 - Wikipedia

週休二日制の導入によって、土曜日を休みとする学校、企業、官公庁が多くなっていることもあり、現在では土曜日を平日に含める場合と含めない場合がある。そのため、「平日・土曜」と表記されるケースも多く、また国語辞典・『広辞苑』などでは、土曜日を平日に含むケースが多い。

 

と、ここまで読むと、結局どっちだよ。ってことだが、wikiの一番下に

「平日」「休日」と二分しての記述の場合、日曜日・国民の休日国民の祝日を休日、その他の日を平日とするのが通例であったが、昨今の企業、公的機関、学校等の休業状況から土曜日も休日と考える人が多くなったため、土曜日がどちらに含まれるかで非常に誤解を招きやすい。そのため、「土曜日を平日に含めない」場合であれば、「月曜~金曜」「土曜・日曜・祝休日」のように明確にすることが推奨される。

 

これはつまり、「土曜日」が平日か平日でないのかちゃんと書いおけ、ということだ。先ほどの土曜日は別格に近い。

 

土曜日を明記

 

なやつだ。一方で、こんな記事もあった。やや古いのでもう変わったかもしれない。

news.mynavi.jp

郵便法施行規則第4項第1号では、郵便物の取集において土曜日は平日扱いと規定されている。

なので郵便屋さんは、特にことわりがない限り、平日は土曜日になっている。

 

教科書的、定義上は土曜日は平日なんだろう。でも制度の話をしたら、週休二日制があるかじゃないかってことになる。でも週休二日制自体は「土曜は平日ではない」ことを証する制度でもなんでもないのだけれど、人々のライフスタイルが土日祝日は休みになってるんだから、もうどうしようもない。特に生まれからずっと週休二日制の世代は、土曜日は休日という感覚が上の世代よりも強そうだ。

 

主観的にもバラバラだし、制度も統一はされていない。なので、これからは「土曜日は平日ですか?」という質問自体やめよう。あえて回答すればwikiの前半にあるように

 

場合による。

 

だ。