ローカルバスおぺれいしょん

乗合バスの知見があんまりオープンになってないように感じたので晒していきます。知見をシェアできたら幸いです。

バスロケーションシステムを書く凄い奴ら

私はエンジニアでもなんでもないけれど、こういうシステムは書いてるコーダーさんも大変だろうけど、事実に沿ってちゃんと動いてるかどうかを確認するクライアント側も大変だった。

 

しかしこんな県庁所在地でもない地方都市の路線バスにおいて、1週間で2万PVを超えたのは、その何割かが一見さんであったとしても、関心の高さを知ることができた。ユニーク数やセッション数がいくつかよりも、2万という数字のデカさがありがたかった。

 

テストページがリリースの1週間前に届いて、それからは毎日どころか毎分のごとく検索、検索、検索していた。毎晩0時くらいまで残業して動作確認し、8割くらいは完成していたというべきか、大まかな面では問題なかった。

 

しかし残りの2割、というか細かいところを見れば2割どころか無数にほころびはあった。

  • リリースに間に合わなかった追加情報
  • レイアウトが分かりにくい
  • 表記がふさわしくない

致命的な間違いを修正してもらうのを最優先にしたため、矛盾はないが修正して欲しい箇所は後回しになりリリース後も未修正である。

 

今回初めてIT企業みたいな会社と協働して、直接コーダーさんと話をすることはなかったが、プロダクトマネージャーさんやディレクターさんとはずっと打ち合わせをしていた。こちらはクライアントなので割と言いたい放題だったのだが、結構負担をかけたんじゃないかと思う。

 

エンジニアでもない人間からすると、コードなんて一度書いたらあとはちょこちょこ修正して、コピーして貼り付けするだけで、修正なんてあっという間、と思っていた。が、いまだに修正がなされてないとすると、案外そうじゃないんだなと思う。

 

私もいっときの知的好奇心でPythonを勉強してた時期があったけれど、思った結果にならなくってウンウン悩んでたことが多かった。そんな感じか。先方は売り手なので抱えたプレッシャーは大きかったろう。ちなみにPythonは周りに聞く人もいなくって独学では無理だなって思ってやめた。

 

提供したデータが必ずしもその通りにパソコンやスマホの画面で動いてくれるわけではないのは、どういった理由だろうか。コードの書き手の腕なのだろうか。もっと高額なシステムを入れたら良いのか。しかし都会の路線バスではないので大企業の機能豊富なシステムを導入するのはオーバースペックだと思う。

 

そこそこの機能があれば良い。あとは本当の利用者の意見を聞きながら機能を拡張するときはするし、苦情があれば修正すれば良いかなと思う。ほころびは無数にあるが、幸いかユーザーが我慢してるのか知らないが、苦情のようなものは一件もない。

 

一度はこのシステムがどんな風に書かれているのか開発室みたいなとこに行ってみたい。世界中から引く手数多といわれるエンジニアと呼ばれる職能集団はいったいどんな凄い奴らなんだろう。

 

来年くらいに会いに行くんじゃないかって噂だけはある。

 

1秒でも早ければ早発か

答えは早発です。

と言うのがGoogle検索上位の記事の同一の見解だ。

んー、でもちょっと待ってくれ。もうちょっと考えたい。なんでかって?

実は今日こんな電話があったんだ。

 

うちの子供がいつも利用しているバスが、時刻前に発車した。そんなことってあるのか?理由を教えて欲しい。

 

稀にある電話。久々に取った。

遅延で定評のある路線バスが、早発とか。そんなことありえるのか。

例によってドライブレコダーで確認。なるほど。

 

 

ぴったりに出発してた。

 

 

しかしここでも立ち止まるだろう。

ぴったりって?ちょうどって?どこを基準するのか。

ドアが閉まり始める瞬間か

ドアがカチャッと閉まった瞬間か

タイヤが転がり始めた瞬間か

 

今回の動画が実はこの基準によって早発かどうか割れる映像だった。

カチャッと閉まったのがちょうどの時刻。

タイヤが転がり始めたのはその6秒後。

さてこれは早発だろうか。

 

 

私が相手に対して答えた内容は、早発ではない、だ。

 

 

映像の内容をざっくりと伝えると相手は納得したかしてないかの様子で電話を切った。次からはもう少し早めに行くように伝えま、と。

 

 

以前、つくばエクスプレスが早発した事件があったようだ。

trafficnews.jp

早発が法律で禁じられているとは言うが、

 

 

秒単位の議論

しかもおよそ1分という秒数ではなく、20秒未満、果てには5秒未満の議論になった場合はどうなのか。

というか、実際それをうちでも何度かしたことがある。

 

バスが20秒早く行ったがために乗れなかったのではく、違う場所で待っていたがためにバスに乗れなかったのだが、逆に早発の方が問題になった事例

バスが定刻の15秒早くバス停を通過していって乗れなかった、その人はバス停から少し離れたところから今まさにバス停に歩いて向かっているところで、15秒以内にはバス停に到着することを計算していた公務員であり、当路線バスの担当者だった事例

バスはちょうどに出発したが、後ろから走って声を出して手も振ったのにどうして止まってくれなかった、バスは電車と違って一旦走り出してもすぐに止まれるではないかという事例

そして今回。

他にもある。

 

 

うちでは1秒でも早く出発した場合は早発と決めている。

 

 

 

なのでこれらの秒単位で乗れなかった利用者には全てお詫びしている。声を出して手を振って走っきたのに乗れなかった利用者にも一言お詫びはしているのだ。見方によってバスの早発に関係なく、定刻に出たとして乗車できなかった可能性がありそうだが、そういうタラレバの議論ではなく、今早発している事実の方が重いのだ。

 

運転士にはバス停で時間調整するように伝えるし、バス停発車には周囲をよく確認して乗り過ごしの人が出ないように伝える。

 

前述の発車の基準はタイヤだろう。ドアが完全に閉まってから周囲を確認するには数秒かかり、これは出発には当てはまらない。さぁ行くぞとセカンドに入れてクラッチをつないでアクセルを踏んでタイヤが回り始めたら早発だ。

 

 

早発に注意。

バスの中での飲食はアリかナシか

もう何年も前に、神戸三宮バスターミナル発の高速バスに乗りました。自分は車両の真ん中、出入り口側に座ってました。出発してから数分経って、前の方でガサガサとなんだか聞き覚えのある紙袋を開く音がして、パリパリっとこれもなんだか聞き覚えのある音で、その音は運転席側の最前列か2番めくらいに座ってた女子が出していて、その仕草と、ガサガサとパリパリの音で、

 

 

ん?、まさか、マック? 匂わない?でも、バスの中だしあんまり匂うものは飲食しないだろ。若い女子なんだし、それくらいは分かるか、失礼、清潔感大事だよな。

 

 

間違っても、テリヤキマックバーガーなんてことはないだろう

 

 

 

ってとこまで思考した直後に、テリヤキマックバーガーの猛烈な匂いが走ってきて、自分より前方の空気が変わったのを感じた。

 

 

お前、この狭いバスん中でテリヤキはねぇだろ、せめてベーコンレタスバーガーだろ、みたいな。

 

 

そんな経験をしました。今でも覚えてるので一生忘れないと思う。

さて、実は昨日同じような苦情というお願いが会社のメールに入ってました。

 

 

毎朝バスの中でお弁当を食べる女の子がいる。バスの中で匂いが充満しているのがキツいのでなんとかしてくれ

 

 

という内容でした。

うちの場合、他の路線では既に同様の苦情をいただいて飲食禁止の車内放送まで流すようにしてありました。この路線では前例がなかったので特に対策を取らなかったのですが、車内掲示で車内飲食禁止と出すようにしました。

 

 

車内飲食禁止

 

 

です。なんかツッコミ所あるかな。そりゃ暑いときだってあるから水分補給は必要でしょう。飲食禁止なんて出したら熱中症を助長するのか、ってツッコまれそうです。ってそんなツッコミないかな。

 

 

さて、バス車内飲食についてちょっとググってみると、記事があったのでピックアップtrafficnews.jp

ヴァル研究所の調査。ヴァル研究所って最初聞いたときはどっかのシンクタンクかと思ってあんまり関わると自分の無知を知らしめることになりそうで、ちょっと距離置いとこうって思ってましたが、今じゃ普通に駅すぱぁとに出してもらっていてありがたいです。

 

そのヴァル研が出自の調査。まずこの調査のちょっと残念なとこは電車とバスを一括りにしてしまっている点ですね。電車は混み具合によっては匂いから逃げることができますが、バスは空いてても逃げれない。この調査はあくまで公共交通空間でということです。

 

年代差が綺麗に出たグラフ。とは言っても、全くなんの問題もない、ってレイヤーがどの年代もありますね。10代は突出していますけれど。この年代はスクールバスみたいな感覚が近いからかな。

 

意外性があるのは食べてもいいものというグラフで。10代が0.0パーセントの項目がありまして。それが

 

カップ

 

 

なのですね。彼らは車内の飲食はどの年代よりも突出して寛容なのですが、

 

 

カップ麺には厳しい

 

 

のですね。カップ麺は認めねぇって言ってます。30代は3.1パーセントが車内でカップ麺をズルズル食ってるのは問題ないって言ってるのに。それとスナック菓子の寛容さは10代の次は70代ですね。70代がパンやおにぎりよりもスナック菓子に寛容ってよく分かりませんね。そもそも70代ってスナック菓子食べるのか。

 

 

うちは前述のように基本どストスレートに

 

「飲食禁止」

 

って車内放送流してます。会社によっては、それじゃ熱中症防止の水分補給もダメのかって言う苦情が来るんじゃないかって思うんでしょうけど、うちはこの放送を始めて数年になりますが、今んとこそんな苦情はないですね。

 

 

水飲んだらダメって人殺しか

 

 

って苦情は来ないことくらいは利用者を信用しているので。

 

 

中には、やや遠慮がちに飲食はしてもいいけど、「匂いの強いものはやめてくれ」って言う会社もあるようだ。

 

京成バス - 車内でのマナーについて

・においの強い食べ物・飲み物はご遠慮ください

周囲のお客様のご迷惑になる場合がございますので、においが強いものの飲食、車内への持ち込みはお控えください。

大分交通

車内でのマナーについて|ご利用案内|リムジンバスの東京空港交通

 

アルピコは少し変わっている。

アルピコ交通 バスご利用上の注意事項

バス車内で,大量の飲食、飲酒、大声、臭気の発生など、ほかのお客様に迷惑となるような行為があった場合は,乗務員の判断で途中で下車頂く場合がございます。

大量とある。パーティセットはやめろって意味かな。

 

よくある質問 | 信南交通株式会社

Q25.車内で飲食をすることはできますか?


車内での飲食に関して、特に規定はございませんが、臭いのきついもの、多量のアルコール類など、他のお客様のご迷惑になり得るものは出来る限りお控えいただくようお願い致します。 

優等生的回答。

っていうかこれを各社シェアすれば話終わりじゃねーかってくらい。

 

あとは単純に「飲食は控えろ」っていう会社達。

バスの乗り方・お願い - 三重交通ホームページ | スマートフォン版

市営バス車内で飲食してもかまいませんか - 横浜市 Q&Aよくある質問集

市バスについて|名古屋市交通局

仙台市交通局 乗車マナーのお願い

 

冒頭のアンケートが嘘のように各社飲食ご遠慮の号令。

ヴァル研、次回は事業者サイドの調査やって。

 

バスロケーションシステムが出来る前 その3

まだまだ修正中。

システムってデータを乗っけてエンターキーを押せば、あっという間に完成、ってほど簡単ではないのだが、まぁでもすげぇ平たく言えば、そういうことじゃないかな。

 

でもデータと現実って必ずしもリンクしてない。

 

リンクしてないってことはないだろ、って思うのだけれど、でもやっぱリンクしてない。

 

今日修正してもらったとこ

  • IEで見られるようになった。
  • 運行前なのに運行後って表示になっているのを修正
  • ランドマークから最寄りのバス停の経路修正(※これが膨大だ)

分からなかったことで判明したこと

  • 時計はパソコンの時間を取る。ウインドウズの時計はよくズレるが、やっぱりズレている。
  • 通過したルートはグレーになる。が、通過する前でもグレーになっている。運行中のルートは次のバス停までグレーという設定。
  • 検索機能
  • バス停の予測検索機能

 

今週初めにおおほぼ完成してんじゃねーかって思ったけど、やっぱ荒いな。そんだけシステムって細部まで作り込まれていて、細部になるほど荒い。そこはコーダーでは見破りにくいんだろうか。エンジニアでもなんでもない私が見つけていっている。

 

週明けにはもっと改善してすっきりしたUIになるだろう。

山頂はもうすぐってほど近くはないが着実に登っている。

バスロケーションシステムが出来る前 その2

やっと届いたテストページ。

どうせギリギリまで寄越さなかったんだから出来てねぇんだろうなー

まぁ巻き巻きで修正入れて眠らずにチェックするしかねーわ、

しゃーね

しゃーね

 

 

 

って思ってテストページ届いたので見てみたら、結構完成度高くてびっくり。

f:id:yanosworkout:20181017224311p:plain

エンジニアって人達って凄い人達なんだなーって感心。

ホントに先週まで初歩的な質問してくるし

バス停の位置は破滅的におかしいし

あれは開発中とか、

これはまだ調整中とか、

なんだか覚束ないことほざいてたのに。

 

 

やっぱすげーな。エンジニアって。俺もそんな風になりかったよ。

これ何って言語って作ってるんだろ。

ジャヴァ?

るBー?

ぱイそん?

頭いいんだなー、いいなー、グーグルみたいな会社で仕事してるんだろーなー。

知ってるよ、あれでしょ。

お菓子食べ放題、寿司食い放題で、

ジムがあって、仮眠スペースがあって、おまけにブランコがあるあれ。

 

 

いいなー

うちなんてブランコぶら下げるスペースすらねーよ。

ブランコで遊んでないで、エクセル叩いてろって00年代初期の会社みたいな社風

 

 

完成度は高くっても、一応チェックは必要なので正式公開までひたすらチェック中です。今度はこっちが追われるターン。

でもテストページをいただいてから今日まででも

バス停の位置ズレ修正依頼

バスの位置が出ないの出るようになった

行き先の表示がダイヤ改正前のデータだったの修正

ランドマークの画像表示されないの修正

ランドマークから最寄りの停留所の経路表示されないの修正

現在地から最寄りの停留所の距離おかしいの修正

 

と結構修正出しできました。それに即レスで修正サンクス。

 

以前にどっかで書きましたが、エンジニアさんが超絶優秀でも結局ちゃんと現実に合ってるかどうかを確認するのは事業者の仕事でして、ちゃんとできてなかったら当然のように

 

 

うちの責任です。そりゃそうだ。

 

 

まだチェックは続きます。

もうしばらくすると試験版として一般に公開され、その後正式リリースとのこと。衆目に曝して、どんなレスポンスが来るか期待と不安がごちゃまぜ。

バスロケーションシステムが出来きる前

正式なリリースまであと2週間。

それにしてもなにも来ないなー。

テストページっていうのか、β版っていうのか、そういうやつ。

向こうはきっと私より何倍もの賃金もらっているなんとかエンジニアさんたちで、ジャバとかを自在に操って悠々と作っているのだろう。

 

いいなー。私もそんなGoogleみたいな仕事してみたい。

 

私だってPythonをちょっとはやったけど。あんまり使えそうな前途が見えなかったので途中で止めてしまったけれど。

 

向こうのディレクターさんから何もいただけてないけれど、電話越しの断片的な情報を聞くと、やや変な部分もある。先方が資料を誤読してシステムを作っている可能性もあるけれど、それより疑うべきはこちらの提供した資料(エクセル)が完全ではない方だろう。

 

そのあたりのすり合わせをまだ全くできていない。完璧でないことは明らかなので早く見てみたいが、

 

 

確認しておきます。

 

 

ってお言葉をちょうだいしたまま。来週にはなんらかの格好となるシステムを拝見できるらしいが。それが破茶滅茶な内容の可能性もあるわけで。とにかく早く見なければいけない。

 

エンジニアさん達がAppleとかにいる超絶エンジニアさんであっても、やっぱ実際の運行知識はこちらの方が上だろう。だからこちら側が見ないといけない。チェックしないといけない。先方さんは

 

ほぼほぼ完成

 

 

っておっしゃるが。私は完成してないって思っている。それくらい路線バスの作りってややっこしく、ローカルルールだらけなのだ。お客様も社内のスタッフも運転手ですら隅々まで理解できているわけでないのに、ぽっと出のIT企業が分かるわけないと私は思っている。隅々まで理解できているのは、この地域の路線バスでは私くらいかな、残念ながら。

 

そういう誰それにしか分からないっていうの脱出して、ローカルルールの山の一部を平らにする道具がバスロケーションシステムだけれど、中身はやっぱ路線バスの運行形態に違いない。分かりにくいものでできてる。複雑系?落合陽一?まぁいいや。

 

また明日なんかミーティングだ。

週明けにはパンドラの箱。また連日夜中まで残業か。

 

三ツ沢南町のバス停の移設は結局なかったのか。

officeratbus.hatenablog.com

ないみたいだな。まぁそんなもんかなんかな。

うちだったら即どけるけど。この記事が9月2日の記事で、この記事の中にもしかするとバス停の方が先に立ってあって、後から道路の構造が変わったのかも、と書きましたが、実際その通りだったようです。

www.kanaloco.jp

そもそも、バスの停留所の設置にあたっては、1997年に警察庁運輸省(当時)が死角をなくすために「信号機のない横断歩道から30メートル離す」「交差点から30メートル離す」などの基準を設けている。

 事故現場の停留所は、この基準を満たしていない。ただ、この停留所は基準ができる前の63年ごろに設置されたとみられ、県警交通規制課は「法的な問題はない」としている。

そうでしょね。

f:id:yanosworkout:20181010011046p:plain

なんも変わってませんね。

居直りってことはないでしょうが、前後のバス停との距離が短いのと、他に設置場所がないのだと思います。

 

交通安全の看板を随所に設置したそうです。

通学生他、利用者の皆様、近隣の皆様はお気を付けくださいませ。